個人で不動産を持っている場合チェックすべきポイント

安心の住宅

耐震性や防火性がある

住いを将来の資産として残すことができるのが分譲マンション不動産物件や一戸建て不動産物件などです。 賃貸マンション不動産物件の場合はいつまでたっても自分のものにはならないです。 資産として残すことができると、将来子供のために残しておくことができますし、またリフォームなどをしたり建て替えたりと自分達の生活スタイルに合わせて変化させることができたりします。 一戸建て不動産物件の場合は建て替えという形も考えることが出来ますが、木造構造になってるので、分譲マンション不動産物件に比べると、耐震性の問題で劣っていたりします。 木造の住宅と鉄筋コンクリートの住宅とでは、まるっきり耐震性は違うものです。 また防火性なども違ってきたりします。

マンションのほうが長持ちして強い

やはり木造の住宅になってくると、鉄筋コンクリートに比べると鉄筋コンクリートのほうが強いです。 耐震性も十分ありますので、自然災害が起こった場合でも安心して暮らしていくことができます。 そして耐久性も高くなりますので、分譲マンション不動産物件のほうが長持ちしたりします。 丈夫なものになりますので、保険の掛け金なども少なくて済んだりします。 掛け金が少なくて済むということが安全だという証拠になります。 一戸建て不動産物件の場合でも木造住宅ではなく、鉄筋コンクリートで建築するとその分強くなりますが、やはり費用も高くなってしまったりするので、木造住宅が一般的になっています。 だから十分強い建物がいい方はマンション住いのほうがいいです。