個人で不動産を持っている場合チェックすべきポイント

返済の為に

ローンの返済ができない場合は

不景気が続くこのご時世では、住宅ローンの返済ができなくなってしまう方も少なくはありません。そこで、債権者からの催促に困っている場合はマイホームを手放すことも考えましょう。 仮に自ら手放さなくても返済が滞るようなら債権者にマイホームは奪われてしまうので、ならいっそ自ら手放した方がメリットがあります。この方法を任意売却と言います。 任意売却とは、自らの意志でマイホームを売却して、その売却して得たお金を住宅ローンに充てて返済をするという方法です。 もし任意売却をしなければ、裁判所にて競売で入札にかけられて売却されてしまうので、いずれにしても結果は同じです。ただ、競売に比べると高値で売ることができるため、ローン返済が大幅にできることから任意売却がおすすめされているのです。

自己破産前に任意売却

住宅ローンの返済ができない場合に考えつくのが自己破産です。自己破産は抱えているすべての借金を免除してもらえる債務者にとっては夢のような方法ですが、その前に任意売却を検討してみましょう。 というのも、自己破産をするとマイホームはもちろん、その他の資産まで失うことになりますが、任意売却ならマイホームを失うだけで済みます。 また、それでも自己破産をしたいという場合でも事前に任意売却をしておいた方がいいとされています。自己破産では、不動産を所持していると管財事件扱いになり、自己破産費用として約20万円ほどの余計な出費がかかってしまうのです。 それを踏まえても、自己破産をする前には必ず任意売却を検討してみてください。