個人で不動産を持っている場合チェックすべきポイント

高い値を出す

マンションを売るときの査定方法

マンション売却の時にその価格を知る方法は2つあります。一つが簡易査定で、もう一つが実査定です。 簡易査定とは、インターネットで簡単にできる査定方法です。この場合、各不動産会社のページにアクセスして条件を入力することで売却か価格を出すことが可能になります。その時の売却額を出すための条件が、その場所やマンションの広さ、そして過去のその地域の売値の平均価格などです。 これに対して実際に査定係りに来てもらって査定をすることを実査定と言います。実査定は、実際にその金額がよりリアルに出ます。マンションの回りの環境や日当たり、マンションの具合などを総合的に判断して売却額を出します。通常は簡易査定を最初におこない、次に実裁定を行います。

売却で改めるべき考え方

マンション売却を始めて行う場合には、自分のマンションは相場よりも高く売りたいと思うのは普通です。やはり金銭についてが最大の関心ごとだからです。 そこで、自分のマンションを高く見積もって売却をしようとする人がいますが、実際には相場よりは低くしか売れないことが大半です。自分のマンションは相場よりも高いに違いないと思ってなかなか売値を下げないと、結局いつまで経っても売れずに管理費だけが出ていくことになります。 また、なかなか売れないとしたら、別の不動産会社ならきっと売れるだろうと思うかもしれませんが、そんなことはありません。何故なら、マンション売却にはレインズというものがあるからです。これによりどの不動産会社もそのマンションの情報が見れるため、買値はほとんど変わらないのです。